スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型MacBook Airの11インチと13インチの違いを比較する

(画像はApple公式ホームページより)
WS000027r

10月21日、”Back to the Mac”(マックに返る)のコンセプトのもとに発表された新型MacBook Airが注目を集めています。重さ僅か1.06kgの11インチモデルの登場やフラッシュストレージの搭載などが衝撃的ですが、今回はその11インチモデルと13インチモデルの違いを比較してみました。

価格は11インチモデルが88,800円、13インチモデルが118,800円です。

まずは11インチと13インチモデルの主な仕様を表にしてみました。

MacBook Air 11インチ MacBook Air 13インチ
価格88,800円(64GB)、108,800円(128GB)

118,800円(128GB)、148,800円(256GB)

ディスプレイ

アスペクト比

11.6インチ(1,366 x 768)

16:9

13.3インチ(1,440 x 900)

16:10

サイズ(W×H×D cm)

重量

29.95×1.7×19.2

1.06 kg

32.5×1.7×22.7

1.32 kg

CPU

Intel Core 2 Duo 1.4GHz
(二次キャッシュ3MB)

Intel Core 2 Duo 1.6GHz
(+9,765円、128GBモデルのみ)

Intel Core 2 Duo 1.86GHz
(二次キャッシュ6MB)

Intel Core 2 Duo 2.13GHz
(+9,450円、256GBモデルのみ)

システムバス800MHz1066MHz
メモリ

DDR3 SDRAM 2GB

DDR3 SDRAM 4GB(+10,080円)

DDR3 SDRAM 2GB

DDR3 SDRAM 4GB(+10,080円)

グラフィック

NVIDIA GeForce 320M

NVIDIA GeForce 320M
ワイヤレス規格

IEEE 802.11n準拠 IEEE 802.11a/b/g

Bluetooth 2.1、EDR(Enhanced Data Rate)

IEEE 802.11n準拠 IEEE 802.11a/b/g

Bluetooth 2.1、EDR(Enhanced Data Rate)

接続端子USB 2.0×2、Mini DisplayPort、
3.5φステレオジャック
USB 2.0×2、Mini DisplayPort、
3.5φステレオジャック、
SDカードスロット
バッテリー最大時間最大時間


11インチというとかなり小さく感じるかもしれませんが、ブラウジングや文書作成をするには十分な広さがあります。むしろモバイルPCとして、小ささ・軽さは大きなポイントとなるでしょう。

最も大きな違いはスペックです。11インチモデルのCPUが最高でCore2Duo 1.6GHzなのに対し、13インチモデルはオプションで2.13GHzまで選択することができます。
さらに、11インチモデルはCPUの二次キャッシュが3MBですが、13インチモデルは6MBあります。バスクロックも11インチモデルが800MHz、13インチモデルが1066MHzと少し差が開いています。

処理能力を優先するならば13インチモデルが適していますが、メールやブラウジング、文書作成などの事務的作業であれば、それほどパフォーマンスに差が出ることもないでしょう。コストパフォーマンスは13インチモデルの方が高いので、性能を優先する場合は13インチを選ぶ方がお買い得です。

また、バッテリーの持続時間にも差があります。11インチモデルが最大5時間なのに対し、13インチモデルは最大7時間バッテリーが持ちます。モバイル向けノートPCとしてはバッテリーの持ちは重要視したい所です。11インチモデルの5時間というのは少し足りないと感じる方もいるかも知れませんが、主に電源のそばで使う方には問題ないでしょう。

13インチモデルにはSDカードスロットが搭載されていることも小さなポイントです。データの持ち運びは主にUSBで、なかなかデータをSDカードに入れて持ち歩くという方はいないかも知れませんが、デジカメの写真を取り込むときなどには重宝しそうです。SDカードは最も普及しているカードメディアなので、搭載されていて損は無いでしょう。

ただ、主に家で使用したり、性能を重視する方にはMacBook Airは不向きでしょう。薄さや軽さを重視しないのであれば88,800円でスタンダードなMacBookが買えますし、108,800円からMacBook Proも買うことが出来ます。
MacBook Airの発売と同時にMacBook、MacBook Proも値下がりしたので、メインPCとして使うならばそちらの方が遥かにお買い得です。

しかし、常にメインPCとは別にモバイルPCを持ち歩く方や、とにかく小型のPCが欲しいという方にはMacBook Airはかなり魅力的なのではないでしょうか。他を寄せ付けない薄さ・軽さのわりには十分実用的なスペックをキープしていますし、価格も前モデル比べてかなり手頃になりました。

現在ネットブックを使用していてスペックに不満がある方などは、MacBook Airの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

この記事にコメントする
広告
最新記事
Recommended









カテゴリータグ
月別アーカイブ
広告


 
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。